アパレルから事務職に転職したい!スキル習得と自己PRの仕方体験談

転職エージェントはこちらから

アパレルから事務職に転職したい!スキル習得と自己PRの仕方体験談

アパレルから事務職に転職したいと思っている女性の方の中には

「事務系のパソコンなどの資格が無いから採用されないんじゃないか」

「アパレルと事務職は真逆の職種、アパレルでの経験は評価されないんじゃないのだろうか」

と転職したい気持ちに蓋を閉めようとしている人もいます。

あなたもその中の一人ではないですか?

 

そういう不安を抱えてしまうのは当たり前のことです。

 

実際、アパレル販売員の方で事務職の転職活動をしてみたものの失敗続きでアパレル販売の仕事に逆戻りしてしまった人も多いのです。

 

しかし、あなたの心の奥底で

「私はきっと事務職に向いている」

「他人を黙々と支える仕事をしたい」

と思っているのですが、気づかないふりをしているだけなのです。

でも、にわかには信じられないですよね。

 

アパレル販売員の方が未経験の事務職に転職するための鍵があります

 

その鍵とは

 

  • アパレル販売員の経験を生かせる事務職種・業種がある
  • 今の仕事をするかたわら事務職では必須のパソコンスキルを身につける方法がある
  • 面接官を納得させるだけの志望動機と自己PRを用意する
  • 転職エージェントを利用する

 

上記の4点です。

 

本記事では、アパレル販売員の経験を生かせる事務職、4つの鍵について説明し、最後に転職に成功した体験談を2つご紹介します。

きっと読み終わる頃には、あなたの不安は吹き飛び、事務職として働いている自分をイメージすることができているでしょう。

アパレルから事務職への転職で成功しにくい事務職と成功しやすい事務職

成功しにくい事務職

経理事務職

経理とは、社員の給与や社内の経費、さらに取引先との入金・出金など、企業内で動くお金を管理しデータとして記録に残していく仕事です。

企業の健全な経営のためにはなくてはならない存在なので、会社の今後の命運の一端を担っていると言ってもいいのです。

 

よって経理事務は責任が重くかつ専門性が求められる仕事と言えます。

実際、企業によっては未経験者の募集もしている所もありますが、多くの企業が経験者を採用しているのが実情です。

ただパソコンのスキルと簿記などの資格があれば採用されやすくなっています。

 

総務事務職

総務とは、非常に漠然としていて「これだ!」と一言では表現しにくい仕事です。

会社がスムーズに運営されるように全体的なサポートをする仕事で縁の下の力持ちといっていいかもしれません。

 

例えば、建物の管理、書類の管理、防犯・防災対策、イベントの企画など多岐に渡ります。

 

その分、多方面に渡る知識が必要で初めて事務職につくという方にはハードルが高い事務職だと言えます。

 

成功しやすい事務職

一般事務職

一般事務とは世間一般でいうところの事務のことを指します。

仕事の内容は、例えば電話・来客応対、文章作成、データ入力、請求書や伝票などのチェックなど様々です。

 

総務事務や経理事務と違ってそこまでの専門性は必要なく、初めて事務職に就くという方には、最も入りやすい職種と言えます。

 

基本的なパソコンスキルさえあれば、特別な資格などは必要になってきません。

一般事務の求人は正社員よりも契約社員として採用する企業が多く、倍率が高いのが特徴的です。

 

今の仕事に並行して一般事務に必須のパソコンスキルを習得する方法
  • ブラインドタッチ

 

ブラインドタッチはフリーソフトが充実しているので、市販のものをわざわざ購入する必要はありませんが、楽しく学びたいという方におすすめなのが、タイピングオブザデッドです。

ゾンビをやっつけながら、タイピングの練習をするソフトで短文・長文・加速などブラインドタッチ技術を伸ばす練習ができるようになっています。

  • ワード、エクセル

 

市販の初心者用の書籍で基本操作を学べば上達します。

 

おすすめ本(Word編)

① すぐわかるWord2013Windows8/7対応

項目が分かりやすく、インプットしたい操作をすぐに探し出すことができます。

また、写真を多用しているため、どこを操作すればいいのかすぐに分かります。

初心者から中級者向けの本です。

 

② 500円でわかるワード2016

Word2016の新しい機能を詳しく紹介しています。

値段も500円と非常にリーズナブルでコストパフォーマンスが非常に高い一冊です。

 

おすすめ本(エクセル編)

① ビジュアル7つの基本で身につく エクセル時短術

ビジネス上で必要なエクセルのスキルを7つに絞って解説しています。

エクセルの最重要スキルを短時間で身につけたい方には最高の一冊です。

ちなみに7つのスキルとは、絶対参照・相対参照、COUNTIF、SUMIF、VLOOKUP、書式・表示形式、文字列操作関数、ピポットテーブルです。

 

② たった一日で即戦力になるExcelの教科書

読んですぐに分かるテクニックから、長く社会人を経験していても理解していない部分まで幅広く網羅されており、実務に直結する知識を身につけることができます。

 

ちなみにブラインドタッチの上達法やワード・エクセルなどの知識は、ネット上やYOU TUBEでも無料で学ぶことができるので活用してみてください。

https://www.youtube.com/channel/UCRpRQ48LGfMpYojZo7Srabgなど。

 

営業事務職(最もおすすめ)

営業事務とは営業の人がスムーズに仕事を進めるためにサポートする役割の事務です。

アパレル販売員から事務職に転職するには営業事務が最適です。

 

というのも、営業事務は営業職の人と共に営業の交渉などを行う機会があります。

そういった場面で、アパレル販売員で磨いたコミュニケーション能力や人との接し方などを生かせる事務職だからです。

 

過去の経験が、面接時に明確な志望動機や自己PRになり面接官に対する印象も非常に良いものになるでしょう。

特別な資格などは必要としませんが、ワードやエクセルまたプレゼンテーションなどに用いるパワーポイントなどの知識があった方がいいでしょう。

パワーポイントもエクセルなどと同様に市販で販売しているテキストや、ネット上で調べると学べます。

 

アパレルから事務職への転職でおすすめの業種

アパレル業界

アパレル販売員から事務職に転職する際に真っ先に考えるのが同じ業種のアパレル業界でしょう。

実際、アパレル販売員での経験が最も役に立ちます。

 

ただ、同じ業種の別の仕事に転職する際に注意しなければいけないことはどうして販売員をやめたのか上手く説明しなければいけない点です。

アパレル業界で働いている人であるならば、給料の低さ、土・日・祝日など休めない等、アパレル販売員の仕事の大変さや待遇の面などよく知っています。

 

本音としては、

「土・日・祝日に休めなく友達と遊びに行くことすらできない」

「ずっと立ち仕事で体力的にもたなく、かつ薄月給」

といったものがあるでしょうが

 

採用者側からすると、

「そういった理由で仕事を辞めるのは無責任である」

と考えて良い印象を与えることができません。

 

面接の際に大切なことは、

自分は販売員よりも事務職の方が向いていることをアピールすること

です。

 

例えば、

「こつこつ細かい作業をするのが好きで自分に向いている」

「縁の下の力持ちとして会社を裏から支えたい」

といった、事務職の肯定的な部分にスポットを当てて答えるのが良いでしょう。

 

メーカー(製造業)

アパレル業界から転職したい人の主な理由は

 

  • 土、日、祝日の休みがない
  • 残業が長いにも関わらず、給料が低い
  • ボーナス(賞与)が少ない
  • 一日中立ち仕事で年齢を重ねるごとに体力的にもたなく将来が不安
  • 異動が多い

 

といったものでしょう。

 

そういった問題点の多くを解決できるのがメーカー事務です。

 

メーカー事務の特徴は

  • 土日休み、かつ9時~6時の規則的な労働シフト、また残業代もしっかり出る
  • ブラック企業は別として、安定しているメーカーであればノルマ等なくしっかりとした福利厚生とボーナス(賞与)
  • デスクワークが基本で肉体的負担が低くかつキャリアを構築していける
  • 異動がほとんど無い

 

メーカー事務はアパレル販売員の仕事の欠点とは対照的な職種・業種なのです。

 

アパレル販売員の仕事に疲れてしまったといった人におすすめなのがメーカー事務です。

 

アパレルから事務職への転職の際に面接官に良い印象を与える志望動機と自己PR

面接で大切なことは過去のアパレル販売員で身につけたスキルをどのように上手くアピールするかです。

アパレル販売員で自信をもって自己PRできる過去の経験から身につけた部分はどこでしょうか?

 

  1. 多くの人に対応することで培ったコミュニケーション能力
  2. チームワーク(協調性)
  3. 立ち仕事で培った忍耐力
  4. 後輩や部下を指導するうえでの経験
  5. 各顧客ごとにコーディネートをする提案力と創造力

 

こういった自身の過去の経験から勝ち取ったものを自己PRすることが重要です。

 

特に、事務職は縁の下の力持ちなので、コミュニケーション能力や忍耐力・チームワークといったものは評価される部分です。

 

以上が自己PR以下が志望動機です。

 

これらの自己PRを含めた志望動機として面接官を納得させるのに必要なことは

 

  • なぜ華やかなアパレル販売員からコツコツと細かな仕事である事務職に転職したいのか
  • 面接を受ける会社でなければいけない理由

 

といった志望動機を説明することです。

 

アパレル販売員に向いていなかったと言ってしまえば、上のアパレル販売員の経験のメリットをアピールすることができないので、

アパレル販売員としての素質もあったけれども、自分の適性上コツコツとする仕事が最も自分に向いていることを面接官に言うことです。

 

アパレルから事務職への転職は転職エージェントが大きな力になってくれる

アパレルから事務職への転職に際し転職エージェントはあなたにとって大きな力になってくれるでしょう。

 

転職エージェントのメリットは

  • 求人倍率が非常に高い事務職への転職市場にあって、非公開で魅力的な求人を紹介してもらえる
  • 担当者があなたの過去の経験から、あなたのアピールポイントを探し共に面接の対策をしてもらえる
  • 職務履歴書などの添削をしてもらえるので、不十分な部分を客観的な視点で補ってもらえる

 

ちなみに転職エージェントは無料で利用できるので、転職活動で悩みを抱えている人は、是非エージェントの力を借り客観的な視点を得て問題を解決してください。

 

アパレルから事務職への転職で採用を勝ち取った2人の体験談

一般事務への転職成功を勝ち取ったアパレル販売の管理職A子さんの体験談

アパレル販売の管理職にまで出世した33歳A子さん。

 

アパレル販売員としての仕事経験は10年にもなるベテランで、出世街道にも乗ってきました。

仕事自体は順調でしたが、昨年の結婚を機に考え方を変えます。

土・日休みなしで働き続けてきたけど、もし子供が生まれた後同じような状況だと厳しいな・・。

 

この10年間で培ってきた販売員から管理職までの経験を元に転職を決意します。

 

事務職への転職を考え、求人を探しますがどれも応募倍率が異常に高く現実の壁の高さにたじろぎます。

でも根気よく約3ヵ月の転職活動を続けていくうちに、ようやく内定1社GET!アパレル通信販売の事務職でした。

 

転職エージェントに相談し、これまでのキャリアと自らのスキルを客観的に分析してもらったことが功を奏しました。

面接での感触は、自身のアパレル業界での販売員から管理職の経験が良かったようです。

事務職には必須のパソコンスキルがなかったため、転職活動と並行してパソコンの学校に入りスキルを身に付けました。

 

入社後に感じたことは、やはり休みがきちんと取れることと、肉体的な負担が減ったことだそうです。

やはり30歳を過ぎて一日中立ちっぱなしの仕事は大変疲れており、管理職の頃と比べて給料は減りましたが、これからまたキャリアを積んで給料を上げていければいいと決意したようです。

将来子供も産む計画もあり今回のキャリアチェンジは大成功だと喜んでいます。

 

営業事務への転職成功を勝ち取ったアパレル販売員B子さんの体験談

アパレル販売員として3年働いた25歳のB子さん。

 

最初は一見すると華やかなように見えるアパレル業界に入社できたことに喜んでいましたが、想像以上に身体的なきつさを感じていました。

 

また、まだ25歳と若く、土日は休みを取って友達や恋人と遊びに出掛けにいきたいけれども、そういった休みはこの3年間一日も取れず。

おかげで友達とは疎遠になり、恋人とも別れてしまいました。

 

こういう生活が今後ずっと続くと思うとぞっとして、思い切って転職を決意します。

 

アパレル販売員以外の経験が皆無だったB子さんはメーカー(製造業)の営業事務をしたいと思い求人を探します。

倍率が軒並み高い中、若さという最大のメリットのおかげで転職活動1ヵ月半で内定をGETします。

 

入社後は以前のアパレル販売員で培ったコミュニケーション能力と協調性を武器にのびのびと営業の方を裏で支える営業事務の仕事をこなし、やりがいを感じています。

とりわけ、入社した会社の特徴である社員全員に提案を聞きプロジェクトを進めていく際には、以前に培った創造力のある提案が評価されています。

 

また社内で出会った男性と恋人の関係になり、来年には結婚する予定です。

 

まとめ

事務職の成功しやすい職種・業種、4つの鍵、転職に成功した体験談2つを見てきました。

アパレル販売員から全くの未経験で事務職に転職するのはあまり難しくありません。

 

自らのアパレル販売員としての経験を基本にし、事務職に必要なスキルを身につけることで成功を勝ち取ることは可能です。

また転職エージェントを用い、客観的な判断を仰ぐことも成功の一つの要素になります。

 

転職に際し、不安を感じたとしても諦めずに一歩ずつ前に踏み出していくことでかならず新しい明るい未来が待っているでしょう。

いますぐ転職エージェントに登録しましょう

おすすめの転職エージェント

【1位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビエージェントは、転職エージェントを利用するなら一番に選ぶべきサービスです。それぞれの分野の専門知識を持つキャリアアドバイザーが、あなたにマッチした求人を提案してくれます。多少のわがままも聞いてもらえるので、まずは登録して相談してみましょう。

【2位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントも、マイナビエージェントと併せて登録しておきたいサービスです。転職支援の実績が豊富で、キャリアアドバイザーも経験豊富な方が多いです。多角的なアプローチで転職を成功させたいあなたは、こちらも利用しましょう。