看護師が転勤なしで働ける職場はどこ?辞令の恐怖から逃げる方法!

看護師が転勤なしで働ける職場はどこ?辞令の恐怖から逃げる方法!

「看護師だって転勤の辞令が出たら断ることはできないし、転職するにしても、大きい病院なら転勤なしのところなんて無いはず…」

転勤する可能性があると、いつ転勤辞令が出るか気になって仕方がないですよね。

しかし、一方では、できれば断れたらいいのになあ。

大きい病院でも転勤が絶対にないところがあればいいのになあ…と心のどこかで思っているのではないですか?

 

実は断っても大丈夫なケースもあるし、大きい病院でも絶対転勤のない職場もあるんです。

このページでは、断っても大丈夫なケースと大きい病院でも絶対転勤のない職場の紹介をします。

 

これであなたも転勤の恐怖から逃れて、平安で幸せな看護師ライフを満喫し続けられますよ。

転勤の辞令を断っても大丈夫なケースもある

通常の企業では、転勤を断ることはできませんが、看護師の場合には女性の比率が高いことから、私生活への影響を考慮して転勤を断れるケースがあります。

また、転勤を断りたいと思っているのなら、事前に師長などの上司に転勤できない理由があると伝えておくことが重要です。

 

転勤がある時には転勤辞令が出る前に打診されることがほとんどですが、正式な転勤辞令が出てしまってからでは、どういった事情があったとしても転勤を断ることが難しくなるからです。

 

通常は転勤辞令が出るのは3~4週間前で時間的な余裕がない状態です。

転勤辞令が出てから断ってしまうと、今働いている部署にも新しく配属させる部署にもどちらにも迷惑をかけてしまいます。

 

そのため、転勤をしたくないのであれば、転勤辞令が出ないように先手を打っておいてください。

ただし、いくらあなたが転勤したくないと訴えても、転勤があることを前提としている病院に勤めている以上、転勤辞令が出る可能性があるということは覚悟しておきましょう。

 

遠隔地への転勤の場合には断ることができる

引っ越しが必要になる遠隔地への転勤の場合には断れる可能性がありますが、絶対ではないので、この方法を使っても失敗した場合には転職したほうが良いですよ。

また、絶対に転勤したくない…と心配な気持ちがあるなら転職すべきだということを覚えておいてください。

 

遠隔地への転勤で家庭の事情がある時

子供が小さくて単身赴任は無理、家族の了解が得られないなど、個人的な理由がある場合は働き続けることが難しいと判断されれば、転勤を断ることができます。

 

また、家族の介護があって引っ越しをすることができないという場合も、転勤を断る正当な理由になるでしょう。

 

遠隔地への転勤で本人の体調が悪い場合

持病があるなど、看護師本人の体調が悪く、勤務地を変えて働くことが難しい場合も、転勤を断れます。

転勤後に今までと同じように働くことができない可能性がある、転勤で治療が中断されると不都合がある、などの理由があれば転勤せずに済みます。

 

遠隔地への転勤で資格取得に向けて勉強中

看護師の仕事に生かせるような資格を取るために勉強中の場合には、転勤してしまうと勉強を続けることが難しくなる場合もあるでしょう。

それでは、看護師としての可能性を狭めてしまいますよね。

 

病院側は看護師という人材を大切にしているので、勉強中だという理由を伝えれば転勤を断ることができます。

 

近距離の転勤の場合には断るのが難しい

転勤といっても、今住んでいる家から通勤圏内の場合には、職場が変わることでの影響が少ないと判断されるので、転勤を断ることができません。

単純に今の職場を離れたくないという理由しかない場合には、転勤は断れないと思っておいてください。

 

転勤辞令を出すということは、新しい職場であなたのことを必要としているか、あなた自身の看護師経験を考えた上での判断です。

病院に属している身分である以上、指示に従わなくてはいけないでしょう。

 

看護師の転勤なしの職場

看護師で転勤の可能性がある職場は、大学病院、国立病院、公立病院、複数の施設を経営する医療法人です。

そのため、これら以外の職場を探せば転勤の心配をせずに働けるということです。

 

ひとつの病院だけを経営している医療法人

病院を複数経営している医療法人ではなく、単体経営をしている医療法人の病院を選べば、転勤のリスクがありません。

ただ、転職時には複数の施設を経営していない医療法人でも、その後新設や買収により複数の施設を経営することになる場合もあります。

 

ですから、複数の施設を経営していない医療法人でも、将来施設が増えても転勤の可能性がないかをチェックすることをオススメします。

 

転勤のない職場に転職するなら転職サイトを利用

転勤のない職場に転職する場合は、複数の施設を経営していない医療法人を探せばいいということが分かりましたが、将来的に転勤の可能性があるという問題点が残っています。

 

将来施設が増えても転勤の可能性がないかをチェックしたほうがいいといっても、

 

「自分では確認しづらい…」

 

と思われる方もいますよね。

 

それなら、転職サイトを使うといいですよ。

転職サイトを使えば、あなたの代わりにコンサルタントが「将来施設が増えた場合の転勤の可能性」について調べてくれます。

 

転職サイトを使った方法なら、絶対に転勤のない病院に転職することができます。

そうすれば、転勤辞令が出たらどうしよう…という不安から解放されますよ。

それに、転勤辞令が出て困っている方は、転勤なしの病院に転職すれば、これからは転勤の心配をせずに同じ病院で長く働くことができます。

 

転勤に悩まされずに働きたい方は、ぜひこの方法を試してみてくださいね。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★★

運営:株式会社クイック

口コミでは人気No.1を保ち続けている実力派の看護師転職サイトで、Career Escapeでもイチオシしています。 対応エリアは関東・関西・東海のみ。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★☆

運営:株式会社マイナビ

こちらのマイナビ看護師は全国対応なため地方にお住まいの方も安心です!併用にもオススメですね。