シングルマザーの看護師が夜勤に悩まず子供と楽しく過ごせる働き方!

「シングルマザーの看護師が夜勤をしなければならないと子供が心配。もっと安心できる働き方がしたい…けど、子供のことや仕事のことで忙しすぎて、何から考えたらいいか分からない…」

 

シングルマザーになると子供のことだけでなく、生活面のことも1人で責任を負わないといけないので大変ですよね。

それに、普段の生活が忙しすぎて、今後の働き方について考える暇がないのも分かります。

 

そんな悩みを抱えている方に知ってもらいたいのは、シングルマザーでも安心して働けて、子供との時間を楽しめる方法がある!ということ。

 

シングルマザーが看護師として働き続けるためには、子供の年齢やサポートの量、必要とする給料額によって、働き方を柔軟に変えていけば良いのです!

そうすれば、生活に必要なだけ稼げて、お子さんとの時間も確保できます。

 

この記事では、シングルマザーが働き方を決める時に考えておくべきことについて説明し、シングルマザーでも安心して働ける方法を紹介します。

シングルマザーの看護師が夜勤に悩まない働き方を決める時に考えておくべきこと

子供の年齢

シングルマザーの看護師が働き方を決める時に大きな問題となるのが、子供の年齢です。

 

子供が乳幼児の場合

乳幼児持ちのシングルマザーが働く時には、子供の預け先が確保されている職場を選ぶのが基本。

院内保育所が付属していれば24時間預かってもらえるので、日勤だけでなく夜勤をすることもできます。

 

また、育児や家事を祖父母に行ってもらえば、自由に働くことも可能です。

 

子供が小学生の場合

子供が小学校に行くようになると、日中の留守番はできても、低学年のうちは夜間の預け先に困ることも…。

小学生低学年のうちは、夜間に子供だけ家に残すのは不安なので、祖父母や知人の助けがないと夜勤をするのが難しくなるんです。

 

小学生以降は院内保育所のような保育施設では預かってもらえないので、乳幼児期よりも働きにくいと感じることもあるでしょう。

 

子供が中学生以降の場合

中学生以降になれば、夜間も子供だけで過ごせるようになりますが、親のいない時間帯が長くなると、今度は非行の問題が出てきます。

 

また、思春期に入るので、親との関わりが非常に重要な時期。

もう大きいのだから…と放置してしまうと、子供の人生が大きく変わってしまう危険があります。

 

この時期は子供によって個人差が大きいのも特徴で、全く手がかからなくなる子がいる一方で、不登校や非行などで目が離せないような状況になる子もいます。

 

職場の勤務体制

シングルマザーが働き続けるために考えておきたいのは、子供のことだけではありません。

子供の成長と共にシングルマザーの働きやすい勤務体制は変わってきます。

サポートしてくれる人がいる時期といない時期で、勤務体制を変えたいと思うこともあるでしょう。

 

例えば、子供が乳幼児の時は夜勤あり勤務⇒小学校低学年のうちは日勤のみ⇒小学校高学年になったら夜勤あり勤務、など働き方を変えることができる職場がベスト。

子供が成長するたびに職場を変わるのは大変なので、同じ職場内で様々な勤務体制を選ぶようにすれば、子供に余計な負担をかけることなく仕事を続けることができます。

 

また、夜勤ありと言っても二交代と三交代では生活パターンが大きく変わってきます。

あなたが働きやすいと感じる勤務体制が選べるよう、子供の預け先などを考慮してシミュレーションしておくと、あなたの生活スタイルに合う勤務体制が分かると思います。

 

給料

シングルマザーの看護師が職場を選ぶ時には、家族を支えていけるだけの給料が確保されている職場を選ばなくてはいけません。

看護師1人の給料で一家を賄うのは大変です。

 

夜勤をしないと給料が大幅にダウンする職場が多いので、夜勤回数も細かくチェックしておく必要があります。

どれくらいの給料があれば生活を維持できるのかの最低ラインを決めておくと、職場選びの目安となるでしょう。

 

シングルマザーの看護師が夜勤に悩まない働き方を手に入れる方法

実家の近くに引っ越す

シングルマザーの看護師が安心して仕事を続けるためには、手厚いサポートが必要です。

まずは、実家の近くに引っ越しできないかを検討してみてください。

 

さらに、祖父母と同居できれば、家賃を浮かすことができ、生活費の負担を減らすことができます。

 

シングルマザーの場合には、祖父母がどれくらい助けてくれるかで働き続けられるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

しかし、すでに祖父母が他界している、住んでいる場所が遠方などの理由で祖父母を頼れない場合も多いでしょう。

 

転職する

シングルマザーが今の職場で働き続けるのが困難だと感じた時には、転職をする必要があります。

シングルマザーでも看護師の仕事を続けるためには、様々な条件を満たす病院を探さなくてはいけません。

 

転職先に求める条件は以下の点です。

  • 実家や実家の近くから通える場所である
  • 子供の年齢によって働き方を変えられる(日勤のみ⇔夜勤あり)
  • 必要な給料額を満たしている
  • 希望する勤務体制である(二交代or三交代)
  • 院内保育所がある

これらの条件のいくつかが整っていれば、子供を預けながら夜勤をして働くことができます。

 

また、シングルマザーで、サポートが十分ではない環境に置かれている時には、日勤だけでも必要額が稼げる職場を検討してみてください。

日中だけなら、子供の預け先も何とかなるはずです。

 

美容クリニックであれば、夜勤なしでも高い水準の給料をキープできます。

ただし、夜遅くまでやっているクリニックが多いので、帰宅時間が遅くなってしまう恐れがあります。

また、顧客獲得や商品販売のノルマがあるクリニックもあるので注意しておきましょう。

 

それ以外では、需要が増えている訪問看護や高級志向の介護施設も給料が高い求人があります。

訪問看護師は夜のオンコール担当があり、介護施設は夜勤がありますが、交渉次第で日勤のみの勤務が可能です。

あなたが必要としている給料額に届くのであれば、これらの職場を探してみてください。

 

もし、日勤だけの職場に転職するのであれば、子供が小さいうちは、帰りが遅くならず、ノルマが厳しくない美容クリニックを探さなくてはいけません。

訪問看護や介護施設の場合には、必要な給料額が確保されるのかの確認と、オンコールや夜勤を免除してもらえるかの交渉が必要です。

 

このように、シングルマザーでも子供との時間を確保しながら働ける職場はありますが、ただでさえ忙しいシングルマザーが1人でこれらの条件を満たす求人を探すのは無理ですよね。

 

だから、シングルマザーで転職を希望している方は転職サイトを使ってください。

転職サイトを利用すれば、コンサルタントがシングルマザーでも働きやすい職場を探してくれます。

 

あなたはコンサルタントにどのような働き方をしたいかと、希望する条件を言えば良いだけです。

この方法なら、シングルマザーでも安心して働き続けることができる職場への転職が可能です。

 

お子さんのためにも、できるだけ転職回数を少なくしたいですよね。

満足できる職場に転職することができれば、これからは仕事のことで悩まずにお子さんとの時間を満喫できますよ。

頑張って、希望する働き方を叶えてくださいね!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★★

運営:株式会社クイック

口コミでは人気No.1を保ち続けている実力派の看護師転職サイトで、Career Escapeでもイチオシしています。 対応エリアは関東・関西・東海のみ。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★☆

運営:株式会社マイナビ

こちらのマイナビ看護師は全国対応なため地方にお住まいの方も安心です!併用にもオススメですね。