グループホームの看護師の仕事とは?老人ホーム、病院との違いを解説

グループホームの看護師の仕事内容はどんなものなのか、気になりますよね?

近年、グループホームをはじめ、多くの介護保険施設で看護師が必要とされ、若い看護師でも病院から施設に転職する人が増えています。

今回は、グループホームに視点を置き、グループホームの仕事内容をはじめ、グループホームで働くデメリット、メリット、老人ホームとの仕事内容の違いについてをお伝えします。

グループホームの看護師の仕事内容

グループホームの看護師はどんな仕事をしているの?

まずは、そのご質問にお答えしましょう!

グループホームでは介護職が主体となりますので、一般的には掃除や調理、洗濯など日常生活の援助は介護士が行っている施設がほとんどです。

 

グループホームでの看護師の仕事とは、入所者の健康管理、異常の早期発見と適切な対応、その他には点滴の施行、投薬管理、胃瘻や経管栄養の管理がメインです。

特に、入所者の健康管理、異常の早期発見と適切な対応について重要視する施設が多く、介護職より専門的な知識のある看護師が必要とされています。

 

本来であればグループホームでは、法律上看護師の雇用は義務付けられていないのに、グループホームで働く看護師が増加している背景にはこれらの理由があるのです。

 

グループホームと老人ホームの違い

ここではグループホームと老人ホームの違いを、いくつか箇条書きにしました。

 

グループホームの対象者

 

  • 認知症がある
  • 要支援2以上の介護認定を持つ、介護認定4~5では断られる場合が多い
  • 65歳以上の高齢者
  • 自宅の生活が困難な方
  • サポートがあれば日常生活を送ることが出来る方

 

介護の状況、認知症の状況により、65歳に満たない方でも対象となる場合があります。

 

入居者は5~9人程度の少数のグループで、介護職のサポートを受けながら、入居者同士で協力しながら料理や掃除などの仕事を分担して日常生活を送ります。

 

老人ホームの対象者

 

  • 認知症の有無に関わらない
  • 介護認定が高くても利用できる
  • 65歳以上の高齢者
  • 自宅の生活が困難な方、医療ケアが必要な利用者も可能
  • 意識障害、寝たきりの方でも利用可能

 

入居者は40人を超える施設もあり、多くの利用者が手厚い生活支援や介護サポートを必要な状態で、看護師の人数もグループホームより多いです。

 

グループホームと病院を比べた場合の看護師のデメリットとメリット

グループホームでの看護師の仕事内容と、病院での看護師の仕事内容を比べてみました。

近年は高齢化が進んでおり、厚生労働省のゴールドプラン21により、グループホームは注目されている職場です。

まずは、グループホームで働くデメリットとメリットをお伝えします。

 

グループホームで看護師が働くデメリット

 

 

医療ケアの判断、責任の重圧

看護師がグループホームで働くのが嫌という理由で最も多いのがこれです。

病院であれば医師がいるのですが、グループホームでは医師がいません。

ですので、看護師が医療ケアの判断をしなければならない場面があり、「判断が正しいか」「対応が適切か」と悩む人は意外と多いのです。

 

介護職に対する悩み

病院では、患者の身の回りのケアや援助に対して、看護師がメインで行ってきました。

 

しかし、グループホームではメインは介護士になり、介護士の考え方や方法に看護師が疑問や不満を持つ場合があります。

知識や技術でも看護師とは違い、圧倒的に多い介護職に対して、中々意見が言いにくい環境があります。

コール当番による制限

グループホームで働く看護師には、コール当番がある施設があります。

自分が休日や夜間、携帯を持って緊急時の連絡に備えます。

コール当番中は必要時、夜間でも仕事に行く状況があるため、遠出も出来ませんし、お酒も飲めません。

 

グループホームで看護師が働くメリット

 

 

病院よりも残業が少なく、定時で帰宅できることが多い

グループホームでは、緊急に入所者が入るような状況はありません。

そのため、日々の業務スケジュールが崩れにくく、時間で仕事が終えやすいので子供の迎えやプライベートの充足が出来ます。

病院よりも体力仕事が少ない

入居者のケアは介護士が行うため、病院と比較すると力を使う仕事内容が少なく、体力的にラクです。

オムツ交換、トイレ介助や入浴など、体力を使う業務は概ね介護士が担当してくれます。

病院と比べて業務の自由度があり働きやすい

病院勤務を経験した看護師ならわかると思いますが、病院では毎日多忙で、時間で業務に追われた経験ってありませんか?

 

しかし、グループホームは違います。

仕事にゆとりがあるため、時間に余裕があります。

利用者と距離が近い環境で仕事ができ、自分のペースで仕事をすることが出来ます。

 

看護師がグループホームで働くなら、どうしたらいいの?

看護師のグループホームでの仕事についてと、老人ホームとの違い、病院との仕事内容の比較をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事を読んで、あなたがグループホームの看護師として、現在の職場よりも働くメリットが大きいと思うなら、転職を検討してはどうでしょうか?

 

グループホームで看護師の求人を探すなら看護師転職サイトを利用しましょう。

看護師転職サイトと言うと、病院の求人を探すイメージですが、グループホームをはじめ、色々な施設の求人もあります。

看護師転職サイトの利用は、相談だけでもOKです。

看護師転職専門のコンサルタントがあなたの要望を聞き、自分に合った職場を紹介してくれます。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★★

運営:株式会社クイック

口コミでは人気No.1を保ち続けている実力派の看護師転職サイトで、Career Escapeでもイチオシしています。 対応エリアは関東・関西・東海のみ。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★☆

運営:株式会社マイナビ

こちらのマイナビ看護師は全国対応なため地方にお住まいの方も安心です!併用にもオススメですね。