転職がうまくいかない20代30代40代の理由と成功の秘訣4つ

転職エージェントはこちらから

転職がうまくいかない20代30代40代の理由と成功の秘訣4つ

「転職活動を始めてみたものの失敗の連続でうまくいかない」

「周りは皆転職活動に成功しているのになぜ自分だけ成功しないのか?」

そう考えているのはあなただけではありません。

そして転職活動をし始めてみたものの何社受けても内定を貰えないと自分の価値に不安を持ってくるようになりますよね。

 

よく分かります。

 

そこで本記事では、転職がうまくいかない理由と今後どのような点を変えていけば転職成功を勝ち取ることができるのかその秘訣を探っていきたいと思います。

本記事の内容を了解して転職活動をすると成功の可能性がぐっとあがるのでご覧になってください。

転職活動は誰もが思い悩む時期

転職活動は誰もが不安を感じ思い悩む時期です。

周りの人がどんどん転職活動を成功させていき周囲と比較することでどんどん自分に自信を無くしていく、そういった人はあなただけではありません。

大半が転職活動に不安を感じている

例えば「To Creator」がクリエイティブ業界で働いている人222人にアンケート調査を行った結果、

 

これから転職活動するにあたって不安を感じる人は全体の約80%に及びました。

不安を感じる主な理由は

「希望の転職先が見つかるかどうか」 (63.1%)

「仕事をしながらの転職活動ができるのか」(54.5%)

「自分の経験・スキルを評価してもらえるのか」(49.4%)

「転職活動に時間がかかる」(31.8%)

引用元:「転職活動で感じる不安は?転職にリスクはある?

 

といったものです。

転職活動は誰しもが不安を感じる人生の課題なのです

 

転職期間は平均3~6ヵ月長い場合は1年

転職期間は平均して3~6ヵ月、長い場合は1年の転職期間を経て成功した人も数多くいます。

転職期間は長期戦を覚悟し、3ヵ月たったのにまだ内定が貰えていないと焦らずに落ち着いて転職活動にのぞみましょう。

 

転職活動が失敗続きでうまくいかない人の6つの特徴とアドバイス

前職を辞めた理由作りがうまくない

転職をする人は以前の会社に不満を持っている人が大半です。

上司との関係が悪かったり、給料の面で不満をもっていたり。

 

アドバイス

しかし転職活動する時は前職を辞めた理由を正直に言わない方がいいでしょう。

なぜなら面接官側からすると、例えば前職を辞めた理由が上司との関係性だと自社でも同じような理由でやめるのでは?と思われてしまいます。

 

確かに正直に言うことで相手に誠実性を印象づけることもあるのですが、転職がうまくいかない場合は、まず前職を辞めた理由の構築作りから始めましょう。

 

待遇の面での求める条件が高すぎる

誰もが年収などの待遇の面が良い職場で働きたいものですよね。

でもあまりに自分と釣り合わない条件を求めると転職活動はうまくいきません。

 

アドバイス

そこで考え方を変えてみるのです。

転職企業が提示する年収は入社した直後の年収です。

企業の中にはその年収が時間がたっても上がらない企業もあるし、どんどん上がっていく企業もあります。

 

入社する時の年収はあまり欲張らず、入社後に努力したら給料が上がっていく企業を探すことでこれまでの失敗した転職活動を好転させることが可能です。

 

年収が上がる企業は成長企業と言っていいでしょう。

 

未経験業界ばかり受けている

転職活動がうまくいかない理由として未経験業界ばかり受けている点があげられます。

転職は新卒の就職と違って経験があるかどうかが重要視されます。

その結果、必然的に未経験業界の転職活動はハードルがあがります。

かといって未経験業界であれば必ず失敗するという訳でもありません。

 

アドバイス

でも未経験業界のみを受けるとそれだけ失敗の確率は上がってしまいます。

よって未経験業界と過去の経験のある業界それぞれ転職先として選択肢に入れることが重要です。

 

転職先の情報を詳しく調査していない

転職がうまくいかない理由の一つに転職先の情報を調査していないことが挙げられます。

新卒の就職のときは皆面接を受ける企業のことを必死で調査しようとします。

でも転職活動になるとこの相手企業の調査を怠りがちになってしまいます。

 

アドバイス

やはり受ける企業の情報をしっかり把握しているかどうかは、面接の際の面接官の印象も違ってくるものです。

こういった細かい部分から変えてみることは非常に重要です。

 

資格に依存しすぎる

資格があると転職活動が上手くいきやすいと考えている人はたくさんいます。

でも資格はあくまで付加価値で実務経験無しの資格など評価をしない企業もたくさん存在します。

 

アドバイス

資格に頼りすぎるのではなく、その他のアピールできる部分を増やし面接の時に魅力ある人間とうつるように努力することが大切です。

 

志望する企業と自分の能力が合致していない

転職での中途採用は新卒と違って即戦力を求めていることがほとんどです。

そのため、自分の経験や資格などが志望する企業が求める人材と合致していない場合は転職に失敗する可能性が高まります。

 

アドバイス

大切なことは、自分の資格を含めての自分の能力を客観的に把握し分析し、それに合致した企業を志望することが大事になってきます。

 

年代別の転職活動がうまくいかない人の特徴とアドバイス

『転職活動が失敗続きでうまくいかない人の6つの特徴とアドバイス』を見てきました。

 

ここでは、20代30代40代と各年代によって

を説明していきたいと思います。

 

転職活動がうまくいかない20代の特徴

20代の転職活動は他の年代よりも成功しやすいと言われています。

 

というのも、20代の転職者は若く企業文化にまだ染まっていなく柔軟性があり成長の余地が十分にあるからです。

 

さらに新卒者と比較して社会経験があることも企業にとってはプラスの評価をされる点です。

故に、多くの企業が20代の転職者を望んでいると言われています。

実際20代の転職者の90%が転職活動を3か月以内で終わらせかつ受ける会社も少ないことが特徴としてあげられます。

 

ではこういった市場で転職者の中でも人気の高い20代の人が転職活動がうまくいかない理由はどういったものがあげられるのでしょうか。

いくつか転職活動がうまくいかない理由があります。

 

仕事に対しての甘えがある

若い年代の人は皆仕事に対してやりがいや理想といったものがあります。

でも実際のところ仕事上ではしたくないような事もしなければいけない状況になることは多々あります。

20代で会社を辞め転職を希望する人の中には、そういった不満で辞める人が少なくありません。

 

どの会社でも理想と違った仕事をしなければいけないことに対する覚悟がないために理想の転職先を求めすぎて転職がうまくいかないということが20代の人にはよくあります。

 

自己アピールが不十分

若いころはまだアイデンティティーが確立されていなく、自己に対する理解が低い場合があります。

その分、自分のどういった部分をアピールすれば面接官に良い印象を与えることができるかなど客観的に自分を見ることが簡単ではありません。

 

20代での転職活動で失敗する一つの要因としては、アピール不足であることが挙げられます。

 

自信過剰になりすぎている

若い頃はまだ失敗や挫折といった経験が乏しいものです。

年齢の高い人はそういった様々な人生の試練にぶち当たり克服し自分というものはどういった人間でどれくらいの存在なのかという自己一致の感覚があります。

 

20代での転職活動に失敗する要因としては、自己一致の感覚がまだなく、自信過剰つまり自分に対する過信をもちすぎていることがあげられます。

 

アドバイス

市場の中で有利な20代の人の転職活動の失敗には精神面の幼さをあげることが出来ます。

 

よって、客観的に自分を判断をしてもらえる転職エージェントを利用することが最適な選択肢であると言えます。

転職エージェントを用い自分の経験などを第三者的な判断により分析してもらうことで転職の壁を乗り越えることができます。

 

さらに、転職エージェント以外では自分の両親や友達などに聞いてみるのも一つの方法です。

 

転職活動がうまくいかない30代の特徴

20代と比較すると30代の転職はやや困難を極めます。

 

30代の転職者に対して企業が求めるのは年齢に応じた物の考え方や経験といったものです。

30代でも転職で成功し年収などをアップさせている人がいる一方どうして失敗続きの転職者がいるのでしょうか。

 

30代で転職がうまくいかない人には以下の特徴があります。

 

企業が求める人材と合致していない

20代と異なり30代に対する企業側の要求は即戦力になることです。

過去の実績や経験といったものから判断して、入社してからすぐに会社にとってプラスになる人材を求めている以上、選考ではそれ相応の経験値があるかどうかを判断されます。

 

よって自らが希望する企業と自らの能力そして経験などが合致していない場合には転職失敗という結果になってしまうことがよくあるのです。

 

高い待遇・条件にこだわりすぎている

30代の転職者の人の中には、自分は30代だからもうあとは無いと思っている人もいます。

そういう人の中には、最後の転職にしたいと思いなるべく好条件で待遇の良い企業に入りたいと自分の能力以上の企業を志望する人も少なからずいます。

もちろん、高い待遇を期待すれば期待するほど転職も失敗しやすくなるのは自明です。

 

アドバイス

30代での転職で最も大事なのは、自らがこれまで培ってきた経験や能力・実績といったものを冷静に判断し分析することが重要です。

過不足なく自分の経験等を判断することで最適な転職先を見つけることができる近道になるのです。

 

とはいっても自らを過不足なく判断するのは容易ではありません。

そういった場合転職エージェントを用いて客観的な判断と分析を仰ぐことをおすすめします。

それにより必要十分な自らに対する分析を行うことができ転職活動も成功に導きやすくなります。

 

転職活動がうまくいかない40代の特徴

20代30代と比較して40代の転職は非常に難しい事実があります。

日本の社会では35歳くらいが転職の最終リミットと言われることもあり、それだけ40代の転職者に対しては各企業も厳しい目で見ることは必須です。

 

そういった厳しい40代の転職戦線でも成功する人は確かにいます。

その一方失敗する人も数多くいることも事実です。

 

では40代での転職に失敗・成功する境目はどこにあるのでしょうか。

 

肩書にこだわる

40代ともなるとやはり自らの社会的な地位などを気にしだし始めます。

40代での自分のこれまでの経験から転職を希望する企業に肩書などを要求するとやはり成功の可能性は落ちてしまいます。

 

年収ダウンを恐れている

40代で転職する場合やはり以前の会社時代と比較してしまいます。

40代で年収ダウンを恐れ、入社できる企業に限りがあるにもかかわらずその選択を見送ってしまうことがあります。

 

40代であっても入社後即戦力になり年収アップも可能な企業はたくさんあることを忘れないでください。

 

アドバイス

40代での転職で失敗する主な要因は社会的地位や年収面などの待遇に対する考え方です。

そういったものを一度度外視してまずは入社し、そこから努力によって積み上げていき新しい会社での地位や年収といったものを勝ち取ろうとする意気込みが大事になってきます。

 

転職エージェントでは40代の転職者に対して、入社後即戦力になり年収アップも可能な企業の紹介も数多く経験しています。

転職エージェントを通して自分のこれまでの経歴の価値を再確認し転職にのぞむことをおすすめします。

 

転職活動が失敗続きでうまくいかない時にすること

転職がうまくいかない時は誰もが焦りや不安などのネガティブな感情が起こります。

どんどん自信も喪失し悪循環に入ってしまいます。

こういった状況下でどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

 

立ち止まってこれまでとこれからの転職活動を冷静に分析する

転職がうまくいかない時に最も重要になってくるのは、これからの転職活動を好転させるためにも、これまでの失敗した転職活動の自己分析を冷静にすることが必要です。

どうして失敗したのか?ということを振り返って分析してみましょう。

 

先にご紹介した『転職活動が失敗続きでうまくいかない人の6つの特徴とアドバイス』で分析することをおすすめします。

 

過去の失敗は成功のための種にしていくことが重要です。

 

本当に転職活動が必要か考える

転職を考えるくらいなので、ほとんどの人が今の職場環境に不満をもっていることでしょう。

でも実際のことを言うと安易に転職をして後悔している人もたくさんいるのも現実です。

転職したからと言って必ずしも現状から良くなるとは限りません。

よって、本当に転職を考えなければいけないほど今の職場環境が劣悪なのかどうか冷静に再考してみてください。

 

転職の真の理由を探る

転職したからといって、現状のすべての不満を解決できる会社を探すことは困難を極めます。

自分の今いる職場の何が不満なのか列挙してみて優先順位をつけてみましょう。

その中で上位にくるものに焦点をあてて転職活動に臨むと選択肢の幅が広がり、転職活動が成功しやすくなります。

 

転職活動を成功に好転させる4つのポイント

転職活動がうまくいかない原因を探った後は成功に導くための4つのポイントを紹介していきます。

 

転職を成功させる目的を明瞭化する

転職を成功させる一つ目の鍵は目的の明瞭化です。

ただ何となく漠然とした理由ではなく、

「転職してこういうことがしたい!」

「新しい職場ではこういった条件が欲しい!」

このような目的をはっきりさせることが大切です。

はっきりさせることによって応募企業の選択にも影響がでてきます。

 

自分の価値を信じる

冒頭でも触れましたが転職活動の失敗が続くと自分は価値が無い人間なのかと自己卑下をしてしまいがちです。

マイナスな感情を持ち続けると悪循環に陥り失敗を繰り返してしまうことになります。

 

これまでの自分が歩んできた道を信じ、色んな企業から不採用通知を受けたとしても自分の価値を自分で信じぬくことが大切です。

自分を必要としてくれる会社は必ずどこかにあると信じて転職活動にのぞむことが大切です。

 

キャリアの棚卸をする

転職は新卒と違い経験がものをいいます。

その意味で、自らのこれまで歩んできた経歴・経験の棚卸をすることで客観的に自らを分析することが大切です。

経験がない業界よりも経験がある業界、自分の能力に合わない業界よりも能力に合う業界の方が転職成功を導くのは容易にお分かりになると思います。

 

これからの自分の人生の絵図を描く

これからの自分の人生の未来像を具体的に思い描きましょう。

自分の転職に成功している姿を自分の中で何度も思い浮かべることで実際に成功の実現が一歩近づいてきます。

 

ここからは書類選考と面接がうまくいかない時の対策を紹介していきます。

 

書類選考が通らない時の対応策3つ

書類選考においてこれだと通りにくくなるポイントがあります。

そのポイントをおさえて自分の履歴書などを修正すると、すんなり通ってしまうということがよくあります。

 

担当者の目に留まる履歴書の作成をしているか

何よりも大事なのは担当者の目に留まる履歴書の作成をすることです。

ポイントは

  • 志望動機がしっかりしているかどうか
  • 誤字脱字がないかどうか
  • 日本語的に問題がなく相手にとって読みやすい文章になっているかどうか
  • ダラダラとした文章ではなく簡潔な文章でまとめられているか

 

この4つです。

特に志望動機には注意してください。

志望動機はどこの会社に対しても通用するような漠然としたものではなく、志望している会社に合わせた動機が必要です

 

キャリアと関係がある職種を志望する

書類選考は対面での面接と違って相手の情報を書類からしか把握することができません。

よって選考する人からするとどうしても経験や資格などの表面的な情報で取捨選択をしてしまいます。

 

書類選考の場合は選考者の経験をまず見るのが普通です。

その意味で未経験の業界であれば、書類選考で落とされる可能性が高くなってしまいます。

 

書類選考で躓いて面接までいけないという方は、自分のキャリアと関係のある職種に応募すると書類選考が通過する確率はぐっとあがります。

 

未経験であっても志望する職種に近い経験があれば記入する

全くの未経験者よりも、少しでも志望する職種に近い経験をしている方が通過しやすくなります。

 

例えば、営業職を志望する場合

「営業経験はありませんが努力するつもりです」と書くよりも「営業経験はありませんが、接客などの経験は豊富にあります」といった志望する職種に近い経験があれば積極的に書いていきましょう。

資格などでも、志望する業種と関係するものはどしどし書いてアピールしていきましょう。

 

面接が通らない時の対応策3つ

転職の理由を深堀する

転職の際の面接では「以前の会社を辞めた理由」と「これから挑戦したいこと」の自らの過去と未来に関しては聞かれる可能性は非常に高いです。

 

自らの過去と未来を面接前にはしっかりと深堀して自己分析をしてから面接に臨みましょう。

特に退職理由に関してはマイナスのことは言わず、前向きな表現や内容にすることを忘れずにしましょう。

 

面接の練習を繰り返す

面接の機会は人生の中でそう多くはないはずです。

面接当日に緊張をしてしまい、事前に予想していないような状態で受け答えをしてしまったという人はたくさんいます。

そうならないためには、事前に何度も面接の状況を作り繰り返し練習しましょう。

面接官役を友達や家族にしてもらうのもいいでしょう。

 

転職エージェントを利用している人なら、転職エージェントの担当者にお願いすることも可能です。

第三者の目を通しての自らの面接を評価してもらうことで、面接通過の可能性がぐっとあがります。

 

志望会社の求める人物像を把握する

面接前に受ける会社の求める人物像を把握していることが大事です。

会社の求める人物像に応じて資格やスキルといった自分の得意となる分野を積極的にアピールしていきましょう。

転職は新卒の就職と違い、即戦力を必要としている会社が多いです。

そのため、入社してすぐに即戦力として活躍できるような自分をアピールすることで面接が通過しやすくなってきます。

 

転職がうまくいかない時の裏技

転職サイトを使って自力で転職活動をしているがうまくいかない人の場合

これまで紹介したアドバイス内容を一人で実行するのが面倒くさい、もしくは自信がない。

それならば、転職エージェントにお願いして、サポートをしてもらいましょう。

転職エージェントは転職者を豊富に見てきた経験があるため、各転職者に合った適切なアドバイスなどが可能です。

 

転職エージェントを使っているが、うまくいかない人の場合

今の転職エージェントのサポートがあまりよくなかったり、あまり自分にとってメリットがない場合は別の転職エージェントに乗り換えることも一つの手です。

 

というのも、各転職エージェントは各々得意な分野などが異なってきて、転職エージェントの乗り換えによって以前は失敗続きだった人も成功に好転させることができている人がたくさんいるからです。

 

まとめ

転職がうまくいかないのには理由が必ずあります。

大切なことは、転職が失敗続きの場合、自己卑下するのではなくどうして転職に失敗するのか原因を追究することが大切です。

転職活動において必要なものを細分化し一つ一つ修正していくことで、転職を成功に好転させることができます。

自らの見たくない部分の具体的な修正を続け、自らの価値を信じた人は必ず新しい人生をつかむことができます。

 

いますぐ転職エージェントに登録しましょう

おすすめの転職エージェント

【1位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★★
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントは、転職エージェントを利用するなら一番に選ぶべきサービスです。それぞれの分野の専門知識を持つキャリアアドバイザーが、あなたにマッチした求人を提案してくれます。多少のわがままも聞いてもらえるので、まずは登録して相談してみましょう。

【2位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビエージェントも、リクルートエージェントと併せて登録しておきたいサービスです。転職支援の実績が豊富で、キャリアアドバイザーも経験豊富な方が多いです。多角的なアプローチで転職を成功させたいあなたは、こちらも利用しましょう。

こちらもおすすめ

ページのトップへもどる