新人看護師が連休をとれない理由を深堀りし、解決策を見つけました!

新人看護師が連休をとれない理由を深堀りし、解決策を見つけました!

「新人看護師なのに連休をとるなんて!」

こんなことを先輩看護師に言われたら…もう仕事に行きたくなくなってしまいますよね。

 

どうして新人看護師は連休をとってはいけないのでしょうか?

ベテラン看護師と同じ看護師という仕事でありながら、新人看護師だけが我慢しなくてはいけない理由について考えてみましょう。

 

そして、新人看護師でも連休をとる方法を紹介するので、ぜひ試してみてくださいね!

新人看護師が連休をとりにくい理由

シフトを組みにくいから

新人看護師が一人前になるまでは、フォローする先輩看護師を同じ勤務帯に組み込まなくてはいけません。

夜勤が始まってからは、より深刻です。

少ない人数でたくさんの患者を看るので、新人看護師と一緒に夜勤ができるのは一部の超ベテラン看護師だけになり、シフトを組む師長が頭を悩ますことになります。

 

新人看護師の権利が認められていないから

新人看護師が連休をとりにくい職場の特徴は、上下関係が厳しく、新人というだけで休み申請をする権利がないような扱いを受ける病院です。

病棟独自のローカルルールがあり新人看護師は休み希望を出す自由がありません。

その結果として、新人看護師は言われた通りのシフトで働くことを強制されます。

 

人員に余裕がない病院だから

新人看護師が連休をとれないだけでなく、中には勤続10年以上の看護師も連休がとれない所もあります。

こういった病院は新人看護師だからというわけではなく、看護師の数がぎりぎりなので余裕がなく連休がとれません。

 

連休をとらずに働き続けている看護師ばかりなので、連休をとるという概念がない看護師が多いです。

誰も連休申請しないので、新人看護師が連休申請をすると非常識だと責められてしまうのでしょう。

 

大型連休も出勤する必要がある職場だから

小規模クリニックに勤めれば、大型連休はまとめて休みにすることが多いので、毎年連休がとれます。

しかし、カレンダーに関係なく働かなくてはいけない病院だと、全員がまとまって連休をとるチャンスがありません。

 

新人看護師でも連休をとる方法

早く一人前になる

新人看護師でも仕事が一人前にできるようになれば、他の看護師と同じようにシフトに組み込むことができるようになります。

そうすればシフトを組みやすくなり、他の人に影響を与えることなく連休が取りやすくなるでしょう。

積極的に研修に参加し知識と技術を獲得すれば、早い段階で休み申請を自由に出せるようになれる可能性があります。

また、病棟ごとに必要とされるスキルは違うので、必要なものだけに特化して勉強するようにすれば、最短時間で一人前になることも可能。

 

ただ、様々な症例を経験し、数多くの患者を看護したという実績が必須なので、自分の努力だけではどうにもできないこともあります。

 

先輩が休み希望を出した後に申請する

先輩看護師が休み希望を出した日程とは別の場所で休み希望を出すようにすれば、連休が重なりません。

また、先輩看護師よりも後に休み希望を出すことで控えめなイメージを出すことができます。

 

でも、新人看護師は休み希望を出すだけで文句を言われる病院も多いでしょう。

 

他のスタッフに聞いてみる

新人看護師が連休を取りたい時には、勝手に休み希望を入れるのではなく先輩や師長に「来月結婚式があって連休を取りたいと思っているのですが、どうすればよいですか?」と質問形式で聞く方法も試してみてください。

この方法なら、先輩や師長も「仕方がないわね…」と連休をとらせてくれます。

自分で休み希望を入れるよりも他のスタッフへの印象が良くなるのがメリット。

 

問題は、冠婚葬祭などでの連休はとれますが、遊び理由では認められないことです。

 

連休をとれる時期になるまで待つ

今すぐに連休をとるのは難しくても、半年~1年ほど経てば連休をとれる可能性が高くなります。

1年目が無理な時には2年目以降に希望をかけたいところですが、病院によっては勤続10年以上が経っていても、長い連休だととれないところもあるのが現実です。

 

転職する

確実に連休を取りたい時には、これまでにあげた方法ではなく転職をすることをおすすめします。

 

同じ看護職でも職場によって連休の取りやすさに大きな違いがあるので、連休を取りながら働き続けたいのであれば、連休が取れる職場で働くのが最も理想的だからです。

 

連休が取りやすいとされているクリニックに転職するのもひとつの方法。

しかし、クリニックの場合には平日に連休を取りにくくなるので、自分の好きなタイミングで連休が取りたい場合には、別の職場を探す必要があるでしょう。

 

連休が取りやすいかどうかの条件は求人情報を見ているだけでは、なかなか判断することができませんよね。

例えば、有休取得率が高いと書かれている求人はありますが、単発での休みが多い職場であれば連休が取りにくいという別の問題が出てきます。

看護師総数が多い病院を選んだとしても、新人看護師ばかりではシフトを組むのが大変で連休が取れないでしょう。

 

そのため「普段は連勤になっても良いから連休が取れる職場に転職したい!」というのであれば、転職先の看護師の数や休みの取りやすさだけでなく、連休が取れるかどうかまでしっかりと確認しておかなくてはいけないのです。

 

これを自分で行おうとすると、求人先に電話やメールで確認するか、面接で直接聞くかになります。

ひとつひとつの求人でこれをしていたら、大変な時間と手間がかかってしまいますよね。

だから、あなたの代わりに求人先に連休が取れるかどうかを確認してもらえる、転職サイトを活用してみてください。

 

転職サイトのコンサルタントは、求人先と連絡を取り合って、あなたが心配している以下の条件について事前に確認をしてくれます。

  • 新人ばかりではなくベテラン看護師の数も揃っている
  • 早く一人前になれる教育体制が整っている
  • 新人看護師でも休み希望が出しやすい人間関係
  • 他の職員も連休をとっている
  • 単発の休みではなく連休が取れる

 

これだけの条件が揃っていれば、新人看護師のあなたでも連休を取りながら働くことができます。

 

そうすればプライベートも充実させながら、看護師として長く働けますよね。

転職サイトを使って、連休が取れる病院を見つけてくださいね。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★★
運営:株式会社クイック

看護qooじゃないですよ、看護roo!です。口コミでは人気No.1を保ち続けている実力派の看護師転職サイトで、看護qooもイチオシしています。 対応エリアは関東・関西・東海のみ。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらのマイナビ看護師は全国対応なため地方にお住まいの方も安心です!併用にもオススメですね。

こちらもおすすめ

ページのトップへもどる